不動産キャリアパーソン

平成26年6月10日、不動産キャリアパーソン資格登録証(第17-000153号)を戴きました。

 

 はるか昔に宅建主任者証を取得されたベテランはもとより、不動産業に足を踏み入れたばかりの方にもお奨めです。業界のあらましが体系的に把握できる上、日常業務にも必ず役に立ちます。宅建試験の前哨戦としてチャレンジするのにも最適です。受講料が良心的なのも魅力です。

 

 宅建主任者証の話になると、「実務とは別だから…」とか「実際に成約する力がなきゃ…」とのたまう先輩が今なお、どの職場にもいますが、ひがみ根性に満ちた雑音です。気にせず、黙々とテキストを読込みましょうね。宅建主任者証がなければ重説さえできません。それってこの業界では独りで店番も出来ないことですよ。宅建のみならず、きちんと業務の周辺にある資格試験をクリアしていきましょう。それは自ら選んだ仕事への真摯さを証明するものです。

 

 皆さんもご承知の通り、間もなく宅地建物「取引主任者」は「取引士」へと名称が変わります。その動きと「不動産キャリアパーソン資格」の創設が連動していないとは考えられません。「宅地建物取引士」に資格内グレードが付されるようになるのではないでしょうか?